薬のイラストカマグラゴールド
通販丸わかりガイド

カマグラゴールドの注意点を総まとめ!

カマグラゴールドの使用が禁止されている方の条件

カマグラゴールドは特定の条件に当てはまる方や、特定の薬を服用中の方の使用を禁忌としています。誤って使用してしまった場合には、最悪のケースでは死に至るおそれもあるため、注意点をしっかりと把握して安全にカマグラゴールドを使いましょう。

なお、このページで述べる注意点はカマグラゴールドと同一の有効成分を持つバイアグラの添付文書やデータを参考にまとめています。

下記の条件に当てはまる方はカマグラゴールド使用禁忌です。

カマグラゴールドやバイアグラなどのシルデナフィルを有効成分に含むED治療薬を推奨されている量で飲用した際に、アレルギー反応が発現したことのある方(過敏症)
カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラの臨床試験の結果、服用後に起こるかゆみ、眼瞼掻痒感(まぶたのかゆみ)、発疹は過敏反応によって発現している可能性があるとしています。カマグラゴールドやバイアグラなどのシルデナフィルを有効成分に含むED治療薬を飲用後に、過敏反応の症状があらわれたことのある方は使用禁忌になっています。
心血管系障害などのため性行為が不適当であると考えられる方
性行為は拍数、血圧、心筋酸素消費量の増加が考えられます。不適当であると医師に診断された方は虚血のリスクがあるためカマグラゴールドを飲用できません。
重度の肝障害の方
肝硬変などの重度の肝障害をお持ちの方はカマグラゴールドを使用できません。重度の肝障害を有する場合、薬の代謝量のが落ちてしまい成分が大量に体へ吸収されるため、危険を伴います。
低血圧の方(最大血圧90mmHg未満もしくは最小血圧50mmHg未満)や治療による管理がなされていない高血圧の方(最大血圧170mmHg以上もしくは最小血圧100mmHg以上)
カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラの臨床試験時に、上記の数値外の血圧に対する試験は除外となっているため、数値外の方は禁忌となっています。
脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を最近6か月以内に起こしたことがある方
カマグラゴールドやバイアグラには血圧を低下させる効果があり、血圧低下によって脳循環の低下を起こす可能性があります。そのため、脳血管の障害がある方の服用は禁忌になっています。
心筋梗塞の方は性行為自体が心臓にリスクをともなうため、バイアグラの臨床試験時に対象外となっており使用できません。
網膜色素変性症の方
PDE6の活性を阻害することで網膜色素変性症へ悪影響を与えるおそれがあるため禁忌となっています。カマグラゴールドやバイアグラはPDE5を阻害する効果がありますが、その10分の1ほどの効力でPDE6の活性も阻害することが確認されています。

カマグラゴールドには併用してはいけない薬があるため要注意です。

飲み合わせると悪影響を及ぼすため、一緒に使うことを禁止されている薬のことを併用禁忌薬といいます。カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラと、下記に述べる薬剤を飲み合わせたため死に至ったケースもありますので、併用禁忌薬は必ずおさえるべき注意点といえます。

次に述べる薬剤がカマグラゴールドの併用禁忌薬です。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)

カマグラゴールドの併用禁忌薬の詳細についてはコチラ

カマグラゴールドを使用する際に注意を要する方の条件

通常量(50mg)ではなく低用量(25mg)から飲み始めることが推奨されている方もいます。カマグラゴールドの一般的な飲み方は、カマグラゴールド100mg錠をピルカッターや市販のカッターなどで半分に分割し、50mgにしてから飲用する方法です。25mgで使いたい場合はそこからさらに半分に分割し飲用します。

下記に、カマグラゴールド飲用時に用量の調節が推奨されている方の注意点を解説します。

重度の腎障害(クレアチニンクリアランスが30mL/min以下)のある方
重度の腎障害のある方は、血漿中濃度の増加が確認されていますので、カマグラゴールドを飲用する場合は低用量である25mgから服用を開始することが推奨されています。
クレアチニンクリアランスは腎臓などで排出される老廃物の量をあらわす指標です。重度の腎障害の方が、カマグラゴールドを摂取すると、本来体外へ排出されるはずであった成分が体内に残ってしまい、必要以上の効果や、強い副作用をともなう危険性が高まります。
高齢者(65歳以上)の方
高齢者の方もカマグラゴールドを飲用する際には、低用量である25mgからの飲用が推奨されています。重度の腎障害の方と同じように、血漿中濃度の増加が確認されているためです。カマグラゴールド服用後に多くの成分が体に残り、強い効果・副作用を感じる可能性があります。
肝障害のある方
肝障害のある方も低用量(25mg)から服用を開始することが推奨されています。理由は上記の用量の調節が推奨されている疾患と同様に血漿中濃度の増加が確認されているためです。通常量(50mg)から服用を開始した場合、強く効果・副作用が出るおそれがあります。
また、肝硬変などの重度の肝障害の方は禁忌となっており、対応が異なりますので注意が必要です。
カマグラゴールドを初めて使用する方
カマグラゴールドを初めて使用する方への適した用量については、カマグラゴールドの先発薬であるバイアグラの添付文書内にも記載がないため、25mgまたは50mgの飲用であれば問題はないともいえますが、25mgから飲用を開始することをおすすめします。
どれほどの量を使用すると、どれほどの効果を得られるか、または、副作用を感じるかが不明であるためです。用量を減らし使用すると副作用の症状を小さくおさえるめ、より安全な服用方法であるといえます。
また、カマグラゴールドを低用量(25mg)で使用した際、効果を実感できない場合にすぐに薬を追加して合計50mgとするような飲み方は絶対にしないでください。50mgの効果を試す場合は、24時間以上間隔をあけた、次回以降の機会としてください。

カマグラゴールドの薬効に影響を与えるため飲み合わせ注意の薬があります。

飲み合わせることを禁止されてはいないものの、悪影響を及ぼす可能性があるため併用する際に注意を要する薬のことを併用注意薬といいます。禁忌薬と比べると危険性が少ないため、ないがしろにされることも多いですが、カマグラゴールドを使う際の重要な注意点のひとつです。

下記に列挙する薬剤が併用注意薬です。

  • チトクロームP450 3A4阻害薬
  • チトクロームP450 3A4誘導薬
  • 降圧剤
  • α遮断剤
  • カルペリチド

カマグラゴールドの併用注意薬の詳細についてはコチラ

カマグラゴールドの服用方法に関わる注意点

カマグラゴールドの1回の用量は25mgもしくは50mgとし、性行為の1時間前に服用してください。

カマグラゴールドは1日1回までの服用とし、次に服用するまでは24時間以上の間隔を開けてください。

カマグラゴールドは食前の、特に空腹時に飲用することで効果をより実感できます。

カマグラゴールド服用のタイミングがお酒の前後になってしまっても、お酒と飲み合わせること自体には問題ありません。しかし、大量の飲酒は勃起機能の妨げになるため、なるべく少量におさえるよう注意しましょう。

カマグラゴールド服用後に車の運転や機械の操作を行う場合は十分な注意が必要です。めまいや視覚障害といった副作用発現の可能性があります。不要不急であればなるべく車の運転や機械の操作は避けましょう。

ページの先頭へ